2009年11月18日

「何かの資格試験を受けに行きましたか」

 はいはい、今日のストーキングは、こちらですよ!

 こいと ゆみ さんの サイト 飼主 日記 です。

飼主日記
http://www.itofamily.com/yumikoit/diary/index.php

 いってみましょう!

2009/11/15
幸先悪い?
カテゴリー ≫ ぶつぶつ日記

 ふむふむ。

今日は朝から都内にお出かけ。
最近資格取得に熱心な飼猫氏に誘われて、資格試験を受けに行ってきました。

 ほほう。どういう資格なのでしょうか。気になるわあ!

まじめにやってる人はずいぶん前から試験勉強をしているだろうに、1ヶ月くらい前に
「オレも受けるから、一緒にやろうよー」
「同じ日に同じ受験会場だから」
となんとなく申し込みをすることになり、2週間ほどでバタバタと勉強しての受検。
なんていい加減。

 …。

 期待すべきは、ビギナーズラック…!

 というよりはむしろ、地頭の良さに期待したいと思います。そんなもんですよねえ。ええ。

 ヨシミも、もっと地頭がよければ、何年も夏の間にストーキングを休止しなくてすんだというのに!

ところが級が違うと別会場になることが受験票が届いて判明。
きちんと要綱を読んでいないので、実技はマークシートではなく記述式であることも数日前に判明。
いいのか?そんなんで。

 実技。

 …。簿記の試験とかでしょうか。気になります。簿記ドラえもん。

6時に起きて、洗濯をして1号がご飯を食べるのを眺め(日曜なので自分の分は自分で作る)、2号が起きてくるのを眺めて出かける準備をする。
早めに出かけようと飼猫氏をせっついて出発。

 はい、はいはい、お疲れさまです。

電車に乗り込んで、空いているシートに座ったら…。
座面が濡れていてスカートをはいたお尻がびしょ濡れに。
うそーっなんでっ!

 ええええええー!!!! 大変ですねえ。

慌てて立ち上がり、スカートをこっそり後ろ前にして別の空いているシートに座る。
えーん。ニオイとかないから水なんだろうけどーべとべとして気持ち悪いよっ。
後ろ前でも目立たないデザインのスカートでよかった。
でも気持ち悪いー、早く乾けっ。

 日曜日はヨシミも東京にいましたけれども、特に雨が降ったりとかそういう事はなかったですよねえ。

 …。

 ウンがついたのでしょうか。

 …いや、これは問題発言になるので、やめておきましょう。

会場は結構離れていたので、乗り換えで別れてそれぞれの試験会場に向かう。
あー。スカート乾いた。よかった。

 お疲れさまです。試験の前に余計なことに神経を使ってしまって…。

試験開始は昼一番なんだけど…今のうちにご飯食べないと。
会場のビルを確認して、近くでご飯食べるところを探す。
ファーストフードとかないなぁ。コーヒースタンドは、地下鉄の近くだけか。戻るにはちと遠いか。
他の飲食店は…日曜で定休日が多いらしい。

 どこなのか! まったく!!

 …。でも、雰囲気的に、ヨシミのよく知っている「あそこのあたり」という可能性も排除しきれないわあ…。おそろしいわあ…。

ラーメン屋があったので入ってみる。
喜多方ラーメン一つー。
午前中の試験を受けたと思われる人たちもまとめて入ってきて、結構込んでいる。
私の好きな澄んだスープのラーメンが出てくる。わーぃ。

 よかったですねえ。

レンゲがちゃんと洗ってなくて、汚れていたので、取り替えてもらって食べる。

 最悪ですねえ。

ラーメンは美味しかった。うん。

 なんですか、この限定の「は」は!! 最悪じゃないですか!

会場に入り、確認した教室に入ると。
…。
一番前の席ですかー。

 それは〜。よくあることです。

試験は何とか終わって、飼猫氏と合流。
ちょこっとお茶して帰りました。
なんじゅーねんかぶりの試験でしたが。
あまり勉強もしてませんでしたがー。
これで受かってなかったらちょっとあんまり悲しすぎる1日。

 うーむ、うーむ、うーむ。

 ウンが…

 いや、なんていうか、結果がでるまでは諦めないでくださいね! それじゃ、黄昏。
posted by ヨシミ22歳 at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ストーキング
この記事へのコメント
いつもストーキングありがとうございます。
ここには書かなかった「この日残念だったこと」というのがもう一つあって、昔から好きだと思っていた漫画家さんの一人が、この夏に亡くなっていたことを先週知り、その方の「送る会」がこの試験当日でした…。

なんか悲しいことというのは重なる日には重なるものです。まったく!まったく!
Posted by Yumikoit at 2009年11月18日 22:48
ええええー! 漫画家さん、だれなんでしょうか…。気になってしまいます…。
とにもかくにも、マンガを読んでいる身としては作者様は本当に心から尊敬できて、なおかつ世界の大部分なんですけれどもね。
ひとたびリアルに戻ると、消息があまり伝わってこなかったりしますからね…。

ううーん。
Posted by ヨシミ22歳 at 2009年11月18日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33717560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック