2010年07月15日

親指

富士通コンポーネント、薄型軽量の親指シフトキーボード
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100715_380912.html

 うーん、うーん。
 うーん。

 誰と誰だったかは忘れましたが、ヨシミのまわりで親指シフトのキーボードの使い手が少なくとも2人くらいは居たような気がするんですよねえ…。

 でも、普通のキーボードが980円で買える時代に、15000円。
 なかなか厳しいわあ! テンキーもないですし!
posted by ヨシミ22歳 at 19:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑多なやつ
この記事へのコメント
親指シフトLoveな私です。

親指シフトの使い手は、自然な日本語かな入力の気持ちよさにハマっている人たちなので、キーボードのタッチもこだわりを持つ人が多いです。

大量生産できないのが大きな原因の一つですが、ギアリンク構造のキートップやレーザー刻印など質にこだわった製品なので、この値段は仕方ないところです。

専用機オアシスが生産中止して10年近くなった今でもキーボードの新製品を出してくれる富士通さんは素晴らしいです。

一度使ってみませんか??

http://nicola.sunicom.co.jp/
Posted by ぽろり at 2010年08月07日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39648425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック