2013年08月17日

音楽について

 昨日…いや、一昨日になりますか。日付が変わりましたからね。
 「さだまさし」の「精霊流し」を聴いておりました。いやあ、そういうシーズンなんですね…。8月15日でしたからね…。
 では、今日はどういう曲が似合うのか、と思いましたけれども…。
 例年、ここ13年くらいは、このシーズンは夏コミで買ったCDを聴いているんですけれどもね。いつもの「love solfege」の「蓋然性進化論II」とかを聴いていても「ああ、すごいですね」という感想しか浮かばず。いい加減自分の感覚も劣ってきたんじゃないか、と思ったくらいです。楽曲で言うと「聖餐唱曲およびレチタティーヴォ」とかは耳によかったんですけれども、それ以外の点で、どうしても「この曲が素晴らしい!」って他人に絶賛おすすめできるようなものがないんですよね…。初めて「Miss Rain」(noki-ろっく「私立成崎学園」収録のバージョン)を聴いたときのような感動は、もう、自分の人生のうちで二度と味わうことは出来ないのか、と思いました。
 音楽は劣化していなくて、自分の耳が劣化しているものだと信じたいですけれどもねえ…。
 そんな感じで、今日も、自分の気分にピッタリ来る曲を探して、ハードディスクの中の、ブルーレイ1枚には入りきらないライブラリを彷徨っています。

 ところで、つい先頃までは自分も曲を作っていましたが、なかなかいいものも作れなくなりましたし、そろそろ潮時と考えています。少なくとも新たな設備投資はやめましたしね。歌ってくれる人がいない、というのは致命的な問題なんじゃないかと思うのです。まあ、そもそも、歌ってくれ、とこちらから土下座しなきゃいけないような人間なんて願い下げなんですけれどもね。そのあたりの微妙な力加減が、どうにも難しいと言いますかね。ええ。表立って「感謝」を口にする人間の心の奥底のどす黒いことといったら、たまらないですね!
 いい曲も作れなくなってきましたし、こんなものじゃないですかねえ…。今のところ一番気に入っている曲は「猫がいない」でしょうか。これも、生ボーカルでリメイクしたいですけれども、到底叶わないということで、このままです。関係ないですがそういえば、大先生をフォローしてはいけないのですかね…。気になります。
posted by ヨシミ22歳 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多なやつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72576473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック